DTPってなに?

デスクトップパソコンのことです
昔はこんな風にDTPって言っている時期もありました


デスクトップパソコン
机上で使用するために作られたパソコンのこと。ディスプレイ、パソコン本体、キーボードなどユニットごとに独立しています、大型のものがおおい。


ラップトップパソコン
本体とディスプレイやキーボードが一体になっていて折りたたんで持ち歩くことができる、今で言うとノートパソコンだと思います


パームトップパソコン
「手のひら:パーム」に乗るほど小さいパソコンのこと、たぶん電子手帳などもそれに含まれるのかな?

ウィキペディアより
「コンピュータは大きさによって大まかにデスクトップ(卓上型)、ラップトップ(膝上)、パームトップ(掌上)に分類され、「ラップトップ」の名称は椅子に座りながら「膝の上(ラップトップ)でも使用できる」との意味からで、英語の範疇では主に和製英語である「ノートパソコン」を含めたカテゴリーである。ただし日本では通常「一般的なノートパソコンよりも一回り大きいカテゴリー」として使われており、このため英語で言うところの“Laptop computer”に関してはノートパソコンの項を参照。

なお米国など英語圏では和製英語である「ノートパソコン」は一般的ではなく、日本で言うところのノート型はほぼ「Laptop」と呼ばれる。またアーキテクチャがパーソナルコンピュータでは無いコンピュータも含まれる場合がある」



トートツにこんなことを書いたのは手元にキーボード(昨日届いた)を見てどんなふうに使おうか?と、思案していたら、そういえば昔は今と違う名前で読んでいたな。と思ったからでした


BM PC.jpg


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 11:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーブレイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする