テンミニッツ手帳が出たよ

 ふせんを使う手帳 2011年 スケジュール帳 カンミ堂 テンミニッツ手帳 2011年 週間ダイア...


でかでかとやってしまいましたが
テンミニッツがこのシリーズでは
フィルム式になってかつ手帳の形式をとったので
気になってしまったのでした


テンミニッツのブログのこの手帳の詳細によると


やりたい事が消えない手帳
テンミニッツ手帳フィルムふせん
●テンミニッツ手帳は、“今までにない”手帳です

テンミニッツ手帳で出来ることは、“仕事をする時間”をきちんと確保すること。仕事内容を専用のフィルムふせんに書き出しTo Doボードに貼り、確認して週間スケジュール表の時間軸にどんどん入れていきます。いわゆる、“仕事をする時間の予約”です。訪問や来客、会議などのアポイント管理だけでなく、ToDoなど一人でやる仕事まで、いつやるか細かく決めるタイムマネジメントをしっかり出来るのがテンミニッツ手帳です。

●テンミニッツ手帳は“やりたいこと”の消滅を防ぎます

仕事の中には、“締め切りはないけど、やりたい仕事”があります。しかし、このやりたい仕事がなかなか出来ません。“締め切りがない=優先順位を下げられる仕事”なので、今日中の優先順位の高い仕事が舞い込んでくる日常では、その「やりたいこと」をする機会をどんどん後回しにしてしまいます。やがて、その“やりたいこと”は、時間の経過とともに姿を消してしまうということもあります。“やりたいけどできなかったこと”を先のスケジュールに組み込み、必ずやる時間を確保します。


とありました。

もともと、フセンによるスケジュール管理がメインになっている
「テンミニッツ」なのですが
極端に言えば厚紙に時間マスを書いて幅の違うポスト・イットで
管理するという感じでしかなかったので今一歩手を出そうと
いうきがしなかったのですが
手帳になったら触肢が動いてしまいます


テンミニッツ 【カンミ堂】テンミニッツ 手帳ツールタイプ・リッチブラック TM-3501
posted by スナフキンパパ at 19:00 | Comment(0) | 手帳の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: