お通帳(おかよいちょう)

「お通帳」または「お通い帳」と
書いて「おかようちょう」と読みます

昨日
懐かしい和帳を見たらこんなのも
思い出しました


表表紙に書いてある文字は
あまり記憶がありません

どちらかと言うと
こっちです


お通帳って何かというと
わたしが子供の頃は
いわゆる「つけ」で
買い物をするときに
使っていたと思います

子供がお使いに行った時
お金を持たせたくない時
このお通帳を持って行き
買ったものをお店の人が
これに記入しておくことで
つけが成立するのです

つまりAさんのお通帳に
商品を渡したBさんが
このお通帳に
渡した商品名と商品代金を
記入することで
正当性が成立します

そして
締め日にそこの商店で購入した
ものを集計して
代金を渡すという
信用システムです

今考えると「スゴイ」ですね

ところで
常滑焼のたぬきが
左手に持っているのも
お通帳又は大福帳と言われています



にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーブレイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック