道成寺 アニメーション

川本喜八郎 日本のアニメーション作家

アニメーションといってもこのかたは「人形アニメ」

はじめてみたのはたぶん何処かの「自主上映」だったとおもいます

お話自体は「歌舞伎」「能」「人形浄瑠璃」などで有名です
修行僧の安珍に裏切られた少女の清姫が激怒のあまり蛇に変化し、道成寺で鐘ごと安珍を焼き殺す
大雑把に言うとこんな話

この話をセリフ無しにアニメーションにしたのがこの作品です

表情を帰ることがむづかしい人形アニメにセリフすらありませんがしっかりと物語が伝わってきませんか?

まだ二十歳になるかナラないか、オタクになるかナラないかという頃でした
アニメと言えば「お子様向け」の時代この作品はかなり衝撃的でまだビデオもない時代だったのでただただ記憶しておくしかありませんでした
まさか今見ることができるとはおもいませんでした

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | お昼の動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック