お巡りさん

自分が子供の頃「お巡りさん」でなく「警察」とか「警官」と読んでいて、ほとんど鬼やバケモノと同じランクでした

「悪いことをすると警官につれて行かれて牢屋に入れられちゃうぞ」とか「ケーサツが巡廻してるから早く寝ないと牢屋に入れられちゃいうぞ」なんて言われていて、遠くにお巡りさんを見つけようものならあっという間に逃げてしまっていました
意味もなく「恐ろしい」ことを刷り込まれていたんですね

鬼や妖怪、バケモノより実際に出会う確率が高いしお巡りさんと話すなんてことは子供には無いですから恐怖はますばかりです
こんな感覚は自分と同じ年代の人ならよく理解できると思います

でも、このひとがでてきてバケモノでないことが理解できたのでした


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 11:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | お昼の動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック