紙のこと

びっくりするくらい「知識」がありません

それは、手帳や文具などのオフ会に出席すると、みなさんの会話でよくわかります
例えば「紙」について、ジブンの中の分類は「和紙:洋紙」が基本であとは
「コピー用紙」「メモ・ノート」「手帳」「その他」くらいです

あとは実際の体験から「アノ紙」「この紙」程度です
だから「恥ずかしい」と思っているかというとそうでもありません
ただ知りたいことが説明できないのです

だからチョットだけ勉強しようかと考えています

その参考書として選んだのが

「紙名手配」そして「竹尾」です

ここでとりあえずお勉強して基礎を多少は身につけて行きたいと思います
「竹尾」さんの「青山見本帖」は仕事場に近いので一度足を運んでみたいのです(ただ、店内がお洒落すぎて足が進みませんが・・・)


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会社のテプラ 自宅のテプラ

うちの会社には「テプラ」使いがいます

テプラ.jpg

テプラの機能をかなり使い込んでとても「見栄えのいい」ラベルを作ってくれます
年度が変わり各ファイルを一新してくれるのはとてもうれしいのです
うれしい反面、困ったこともあります

「テプラ使い」以外の人がそれらのFileのラベルを作ろうとすると超難解で下手をすると同じものができないのです

結論を言ってしまえば「凝ったラベル」できれいに揃えるよりも、単純な基本設定だけで作ったまさに「事務的な」ラベルが1番なんじゃないかと思うのです
これなら電源ONでスグに前と同じファイルが出来上がります
ラベルを貼り付けるときにしっかりと貼り付け位置を合わせたならキャビネットには整頓されたファイルがズラリとなります

テプラはある意味システム手帳的な麻薬的なところがあって、システム手帳はリフィルにハマっていく、テプラはラベルのなかにアートを作り出すことにハマっていきます
これらは電線音頭(知らないほとのほうが今は多い)みたいに「人の迷惑かえりみず」なのです

テプラを極めるのなら自宅で思うぞんぶんやってほしいのです

とは言え、一回こっきりのファイルなら思いっきりハデに作ってもらって結構です
多少キャビネットの並びを乱してもパッと目につく物がいい

詰まりは「適材適所」であればいいのです
(結論になっとらん!)

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

ベンジャミン伊藤の「人の迷惑かえりみない」動画


タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 21:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これ見たかったんです

仕事で見られなかった映像があった!
【文房具】マツコの知らない世界☆


この二人の掛け合いが楽しい!楽しすぎる!

マツコさんテレビ素人いじりがうますぎる

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ



タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 10:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする