象が踏んでも壊れない・・・ペンケースだよぉ!

YouTubeで昔のテレビコマーシャルを観るのが好きです

子供の頃の記憶がよみがえってきたりして・・・

そんなかなこんなコマーシャルを見つけてしまいました

象がふんでも壊れない

この筆入れは昭和40年に発売され、いま現在も販売されています
昭和40年というと1965年、現在は2017年。
50年以上前から販売されているロングセラーなのだ

これが現在の「アーム筆入れ」ですが
アーム筆入れ.jpg

当時のものはいくつか種類があってなかに簡単な仕切りがあったものサイズ違いなんていうのがありました

自分も親にかなりねだって一番安い小さいものを買ってもらいました・・・
でも子供はすぐに飽きてしまいます
この筆入れもただの箱。見た目は透明で中身が見えます
でもただそれだけ、友達はマッグネットでフタをロックしたり鉛筆のホルダー部分が立ち上がったり裏にも蓋がついていてそこに定規を収納!なんて一杯のギミックがあったりして、やっぱり「おもちゃ」に近いほうが楽しいのです

でもこの筆箱は本当に丈夫なのです「象が踏んでも壊れない」物が子供が踏んで壊れるはずがありません
学校の二階、いや3階から落としても壊れません

本当に丈夫なんです、なにをやっても壊れないので結局あきらめてしまいました、親にねだるのは結局できなかったのでお正月にお年玉で別の筆箱を買ったのです
でもこの筆箱はスグに壊れてしまい結局またアーム筆入れを使うことになったのでした

めでたし  めでたし  (なにがめでたいんじゃい!)


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ



結局、親に
タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 21:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スマホ用タッチペン

またまた品なことを考えちゃいました

カートリッジ式のペンに手袋に塗るとタッチペンの代わりになる液を塗ったらそのまま使えるんじゃないか?

ということで

これと

これ


プレピーにヒートグループと言う手袋に塗ったらその手袋がスマホ対応になるっていう超便利な魔法の液体を塗って乾燥したらスマホで使えるのかなと思ってしまったわけです

なんでこんなことを考えたかって言うと、スマホでうまく絵がかけない(指で)からタッチペンを見に行ったんですがこれが気に入ったのが見つかんない

さてどうしよう?と考えた結果こんなことが浮かんできたってこと

実は自分に画力があったら絶対に浮かんでこないことでした


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 12:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫勉 伊藤潤二さんは文具好き?

お休みを使って録画していたビデオを見ていました
その中に「漫勉」というNHKの番組がありこの回は伊藤潤二先生の作品作りです

言わずと知れたホラー漫画の人気作家です
ホラーは好きですが超ビビリの私は少しイスを引き気味に観ていました
ところが20分ほどしたとこでこの先生が、いま使っている文具(製作のための筆記具など)をジャラジャラと見せてくれました
殆どの道具は何らかの手を加えて自分使用にしているとのこと、製作の机周りにも定規のインクを拭くパネルとかの工夫をしていました

YouTubeとかで流れていればと思って探したんですが見つかりませんでした
ザンネン

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする