ガラスペン軸について

手元にガラスペンのペン先があります
これは以前に手帳のイベントで購入したものです、購入した時には「ビニールのホースに切れ込みを入れて使うと良い」というアドバイスをいただき「なるほど」と感心しておりましたが、実際これに合うホースやチューブがなかなか見つかりませんでしたが

ふと昔作った竹の「紙鉄砲」を思い出し、竹なら中を削ったりすれば使えるかも?と今度は竹探しです
実際ガラスペンのペン先を差し込めるような竹なんてそうそう見つかるわけではなく、中途半端な田舎では竹よりホースの方が目に付きます

こうしてズルズルとそのままになっていたガラスペンの軸問題ですが、ダイソーで問題が解決しました

ダイソーの習字筆があったのです100均の筆はプラスチックが多いのですがその中に竹製のものがありました、それも2本で100円という超破格です

ガラスペン先001.JPEG

これで作ったガラスペンがこれです

ガラスペン先005.JPEG

本当はプラスティックの軸でも作ることはできますが加工が大変なのです
プラスティックは伸縮性が悪いのでキッチリと作り込んでいかないと軸とペン先にガタがきて使い物になりませんが、竹製なら少し小さめに穴を穿ってから見ずにつけて柔らかくしたところでペン先をねじ込んで乾燥させれば驚くほどきっちりとホールドできます
まだ付け替えはしていませんが次のペン先に取り替える時は取り外しに気をつければ「ネジ山」ができているのでもっと簡単に取り付けができると思います

あとはペン軸を自分の好みに合わせてカットすればいいのです
使い倒し用の「ガラスペン」が完成しました


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 19:45 | Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ゼブラ デルガード+2C

駄目だ駄目だとわかっていながらつい、手を出してしまいました

デルガード2c01.JPG

アノ「折れないシャーペン」デルガードにエマルジョンインクの黒と赤という「仕事にこれ一本」仕様です
最近では書いたときの抵抗感が少ないジェットストリームのインクより粘りのあるエマルジョンインクのほうが好きなのでこのペンを「仕事用」にする、という「正当化」する理屈をひねり出しました


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ




posted by スナフキンパパ at 09:48 | Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超便利!さしがね(差金・指金)または曲尺(かねじゃく)

大工道具でメートル法が導入されてから一旦は絶滅すると思われていたものに「さしがね」があります

「さしがね」は大工さんが使うL字がたの定規(または「ものさし」)でただの線を引くだけのものではなく「角度をだす」「均等に分割」したり内径や外径を測ったりできる、「超」のつくスグレモノです
mt-00197722.jpg

昔「技術家庭」(いまはこんな科目はない?)でこんなことを言っていたような
「曲尺(かねじゃく)はメートル法で製造が禁止されていたけれど、すごく便利で大工さんが手放せなかったので仕方なく製造を許可した」みたいなことでした

たとへば角度の出し方


大工さんたちはこの「さしがね」をつかって様々なことを電卓なしでやっていたんですね

文具好きならこれからは「さしがね」に注目!したいね

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ







posted by スナフキンパパ at 10:00 | Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする