OHTO 万年筆 タッシェ ポケットペン

懐かしい万年筆を買いました
ボールペンのOHTOが販売している万年筆です
10年くらい前に購入し、初めて「ああ万年筆っていいなあ」と思い3年ほど手帳用に使っていました
それ以降使わなくなったのはこの動画を見たから


この動画をみて真似をしてしまったわけです、おかげでペン先が割れたままもとの戻らなくなってそのまま・・・
(この動画をまねて万年筆を壊した人が結構な人数あったと聞いてます)

当然2代目を探したのですが見つからずそのままだったのです、すっかりと諦めていたのですが先日なんとヨドバシカメラで取り扱いがある事がわかって衝動買いしてしまいました

この万年筆はまずサイズがいい
比較するために無印良品のパスポートサイズのメモ帳を並べました
OHTO万年筆 (1).JPG

このサイズならシステムダイアリーみたいに小さい手帳でもピッタリ収まります

キャップを抜くと本体のほとんどがキャップに収まっているのが分かります
OHTO万年筆 (3).JPG

そして本体にキャップをはめ込むと
OHTO万年筆 (7).JPG
こんなに長くなりきっちりとホールドできるのです


インクはまだ入れていませんインク色を黒にするか青にするか決めかねているからです
さあいっぱい悩んで決めましょう「お楽しみはこれからだ!」

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
タグ:万年筆
posted by スナフキンパパ at 10:57 | Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トレース台を借りる

トレース台 (1).JPG
息子にトレース台を借りました

目的は?
一度使ってみたかったから

昔々まだ小さかった頃「アニメーション」と言われ始めた頃に東映のアニメーション制作現場の写真を見てから使ってみたいと思っていたのです

で 何をトレースするか?というと

地獄くん (2).JPG

これです「地獄くん」

そしてトレースした結果がこれです
地獄の鉛筆 (2).JPG

以前読んだ「漫画アシスタントの日常」で鉛筆のタッチとペンのタッチは違うとありましたが本当にその通りです特に0.5ミリのシャーペンではタッチまではトレースできません
今でこそシャーペンでマンガの下書きをしているプロが多いのですがほんの少し前まで「鉛筆」を使っていたのがなんとなく分かりました

鉛筆のほうがシャーペンよりタッチが出しやすいからです(と思う)
などと自分の技術をそっちにおいておいてぶつぶつと言いながらトレースしてみました(こういう集中できることって割と好きな作業です)

でシャーペンでトレースしたのがこれです
地獄の鉛筆 (2).JPG

これからペン入れをしてみます


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 12:10 | Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東方神起でカレンダー

先日作成したカレンダーシールを応用してハガキサイズのカレンダーを作成しました
つまり

カレンダーシール (1).JPG
これが

こうなったわけです
東方神起カレンダー (1).JPG

東方神起カレンダー (2).JPG

東方神起カレンダー (3).JPG

写真を取り替えればオリジナルのカレンダーが出来上がりです
これをシールにすればオリジナル手帳の出来上がりだあ!

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 10:15 | Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする