漫勉(マンベン)

漫勉(マンベン)と言うのは漫画家の浦沢直樹さんが、漫画家の「漫画の現場を残そう」(マンガを生み出す)ということは文化として残しておくのがいいのではないか、と、その創作の現場を撮影しご本人とその映像を見ながら会話して行くという物

白い紙から物語を生み出す映像をご覧あれ


この動画にいまはまっています
超楽しい

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | お昼の動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道成寺 アニメーション

川本喜八郎 日本のアニメーション作家

アニメーションといってもこのかたは「人形アニメ」

はじめてみたのはたぶん何処かの「自主上映」だったとおもいます

お話自体は「歌舞伎」「能」「人形浄瑠璃」などで有名です
修行僧の安珍に裏切られた少女の清姫が激怒のあまり蛇に変化し、道成寺で鐘ごと安珍を焼き殺す
大雑把に言うとこんな話

この話をセリフ無しにアニメーションにしたのがこの作品です

表情を帰ることがむづかしい人形アニメにセリフすらありませんがしっかりと物語が伝わってきませんか?

まだ二十歳になるかナラないか、オタクになるかナラないかという頃でした
アニメと言えば「お子様向け」の時代この作品はかなり衝撃的でまだビデオもない時代だったのでただただ記憶しておくしかありませんでした
まさか今見ることができるとはおもいませんでした

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | お昼の動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旗本退屈男

春だからでしょうか
先週末からずーっと
眠い

目を覚ますため

というわけでもないのですが
「旗本退屈男」を
借りてきました

「プア 天下御免の向こう傷!」
あれです
退屈男03.JPG

この男
画面が変わるたびに
衣装が変わります
素人が見ても
すげー着物だということがわかります

それはさておき
「若様」だの「殿」だのと
呼ばれているだけあって

折衝沙汰に近い揉め事に
鋭く首を突っ込んで行きます

退屈だ退屈だ
などと言いつつ
情報収集やらなんやら
めんどうな仕事は
自分のとりまきに
やらせちゃっています

退屈だったら自分で動けば
いいのに・・・

でも
血の匂いのする場所には
鼻が効くので
そこにはちゃっかり
登場します

「チャンバラ」の場面には
いまの殺陣とは違い
「美しい」と思います

歌舞伎の場面を見るような
それでいて力の入った
演技を見ることができます

いや楽しい映画でした

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ




タグ:日記 漫画
posted by スナフキンパパ at 20:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | お昼の動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする