素材のこと

最近とんとご無沙汰ですが、自分は「紙衣(カミコ)」という紙にコンニャク糊を塗って丈夫にした素材を使って文具を作ったりしていますが、最近それ以外のものを使って見たいとおもっています

1.「柿渋(カキジブ)」コレは紙衣よりたくさん使われていました、紙衣よりポピュラーの素材です
 水に強く紙に塗ると紙自体を丈夫にしてくれます
 時代劇で食べ物屋の大將が持っている団扇(ウチワ)がそれです、更に行李(こうり)に和紙を貼り付け柿渋を塗って防水や防湿にしたり、柿渋は素材としてなくてはならなかったのです

2.新聞紙にでんぷん糊を使って丈夫なゴミ箱やバッグを作ることをやっているかたがいらして(ハンドメイドマルシェ)少々重さはあるものの1番使いやすいものです

3.そして1番気になっているのがタイベックという不織布です、本来は建築資材らしいのですが、軽くで丈夫な素材です、たぶん今も無印良品で「高密度ポリプロピレン」としてペンケースや小物入れなどが販賣されているかもしれません

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 紙衣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クルクルペンケース 報告

重い腰を上げて紙衣のペンケースの製作をはじめました

土台となるのはコレです
GEDC0001.JPG
カルディの包装紙ですコレに補強とペンの破損を防ぐためにフェルトの裏地をつけました
GEDC0002.JPG

ペンの差し込み部分は自分の好きなジェッストの4+1を基本にして折り返しました
GEDC0004.JPG

コレを縫うのですが最初にやることはペンの差し込み部分をくるんでいくことです

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 20:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 紙衣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不揃いのステッチ

急におもいたち紙衣細工をはじめました

今回はロールペンケース
裏地にフェルトを貼り付け
縫製の前に布用接着剤で仮組み(プラモみたい)してからミシンでガーーーっとやってしまおうとおもいました

これならヘタな手縫いをすることもないだろうってわけです

ところが一とう最初からつまづいてしまいました
フェルトに布用接着剤は「有効でない」のです

全くくっつきません

一度スタートすると何故かストップできない性格で
ここからは「試行錯誤」と言うより完全に「行き当たりばったり」で行っちゃいます

そんなわけでこれから何日かかるかわかりませんが「ロールペンケース」の形になるまで、「失敗したことが自分で認識できるまで」その場で考えた方法でチャレンジしていかます

少なくともこれぐらいには仕上げたいと思うのです
クルクルペンケース.JPG

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 紙衣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする