バレットジャーナルをシステム手帳で使う

自分の手帳はシステムダイアリーといってほぼ文庫本サイズのシステム手帳です

思い手帳が嫌いなので18マイ使ったら簡単な製本をして手元の手帳が膨れないようにしています
昔はコレをしなかったのでドンドン太っていきました、バレットジャーナルを導入したとして目次(トピックス)やスケジュールのページ順が狂ったりしてしまうので、コレをなんとかするためにカラのバインダーを準備しました、これに正月から大晦日までをプールしてから製本することにしました

これで「完璧!」

ただ一つ「飽きたら駄目!」

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 17:49 | Comment(0) | 手帳の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレットジャーナルのページ

バレットジャーナルのページは不動です
綴り式手帳に作り込んでいくので当然です、でもシステム手帳は差し込み式なのでページの増減はフリーです(この差し込み式ってのがバレットジャーナルには不適?)

システム手帳のページ機能をバレットジャーナルに適用する方法がありました、見つけちゃいました!

その方法はページとページの間に新たに一枚を差込したいと思ったらサブのページを作っちゃいばいいってこと

例えば、9ページと10ページの間にリフィルを差し込もうと思ったら新たに差し込むリフィルのページは9-@みたいにすればいいのです

自分の場合はページの前に年号を入れようと思う(他意は無い)

コレで問題は片付いた、でもあと一つ問題が・・・

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

posted by スナフキンパパ at 10:38 | Comment(0) | 手帳の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレットジャーナル

バレットジャーナルをみていてわかったこと

綴り式の手帳にページを振って「トピックス」「カレンダー」「スケジュール」などを作り込んでいく

ページを振るのはトピックスに記入するため、こうすることで必要な事柄の検索性が高くなるってことですね、この「ページを記入する」ことはバレットジャーナルのひとつのキモと言うか重要な要素だと思うのです
そしてそれはリフィルが抜き差し自在なシステム手帳とバレットジャーナルとの相性が悪いと自分がかんじていることなのです

それならこのページ問題が片付いたら「バレットジャーナルをシステム手帳」で使うことができるわけです

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 10:35 | Comment(0) | 手帳の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする