タイベックスを買う

気になると欲しくなるのは子供と一緒、どうせ買うのであれば早い事手に取ったほうがいいとかんがえて手帳カバーに手頃なものを探して購入

まだ手元には届いてはいませんが到着までどんなふうに使うかを考えるのも楽しいものなのです

今、自分が持っているタイベックス製のものはペンケースとカード入れのふたつ(いずれも無印良品)、色は白とベージュで和紙のもみ紙のようにしわがあり手触りが柔らかいのです、これは自分が作っている紙衣のような感じ
そして和紙よりも軽いのです

色々と調べてみると本来はシワのないもののようです(本来は建材として使われるものなので当たり前といえばあたりまえです)
これに「モミ」を加えるとわしのもみ紙のような風合いが出るらしい

ハンドメイドマルシェで見たのはたしかペンケースだけだったと思います

素材(ポリプロピレン)を圧力だけで加工して作るそうなのでかなり丈夫だということです、摩擦にも強いらしいのでコストが見合えばそこらの紙を加工して自分で作っている紙衣より良い素材だと思います

実際今使っているカードケースは紙衣のものより摩擦にも強く軽い

到着したタイベックスは色が付いているのですがシワの加工がしていないようなのでプリントとができるかどうか?

シワ加工が手軽にできるのか?
縫製は?のりなどで接着できるかどうか?
などなど到着が待ち遠しいのです

タイベックス.jpg


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ


タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 20:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素材のこと

最近とんとご無沙汰ですが、自分は「紙衣(カミコ)」という紙にコンニャク糊を塗って丈夫にした素材を使って文具を作ったりしていますが、最近それ以外のものを使って見たいとおもっています

1.「柿渋(カキジブ)」コレは紙衣よりたくさん使われていました、紙衣よりポピュラーの素材です
 水に強く紙に塗ると紙自体を丈夫にしてくれます
 時代劇で食べ物屋の大將が持っている団扇(ウチワ)がそれです、更に行李(こうり)に和紙を貼り付け柿渋を塗って防水や防湿にしたり、柿渋は素材としてなくてはならなかったのです

2.新聞紙にでんぷん糊を使って丈夫なゴミ箱やバッグを作ることをやっているかたがいらして(ハンドメイドマルシェ)少々重さはあるものの1番使いやすいものです

3.そして1番気になっているのがタイベックという不織布です、本来は建築資材らしいのですが、軽くで丈夫な素材です、たぶん今も無印良品で「高密度ポリプロピレン」としてペンケースや小物入れなどが販賣されているかもしれません

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 紙衣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いじめ

取手市教育委員会の報道をみて怒りよりさきに呆れてしまった
被害者の親御さんは静かに対応をしていたがお父さんの握った拳だけが感情を表していたと思う、自分だったらソノラマ手はきっと頭を下げた教育委員会の人に向けられたと思う

教育委員会のこの幹事たちの表情は「なんで俺が頭を下げなきゃいけないんだ」といっているようだった

朝から気分の悪いものをみてしまった

「いじめ」はいじめられるやつも悪いという人がいますがそれはイジメる人の立場に立った考えです

執拗なイジメは裏で行われています、見えないからこそ表面だけの調査ではわかりません、それなのにこの前教育委員会の人たちは表面すら調査せず臭いものに蓋をして回っている

いったいこの人たちはどんな仕事をしているんでしょう?

あんまり叩くとこれもイジメになってしまう?
これが経験になって心を入れ替えてくれることをのぞみます

オジイの独り言じゃがの。。。



にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 13:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーブレイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする