きっと誰も知らんだろう漫画シリーズ番外編

今回は番外編です
北海道在住のマンガ家の森雅之先生
素朴な絵柄と絵本や詩のようなリズムでお話しが進んでいく「ほっこり」する癒やし系の漫画です  自分は大好きな漫画なので「誰も知らんだろう」っていうのは抵抗はあったのですがまあ好きとメジャーかどうかは別問題なのです

1970年後半から80年代に知ったこのマンガ家さんは雑誌連載はあまりなかったと思いますが単行本や一時期流行した大判のハードカバー(あ そうそう絵本みたいな感じ)の本を何冊も出したりしていました

優しい気持ちになりたい人には、それから子供の頃を思い出したい大人におすすめの漫画です

見つけた本はたいてい購入していたので我が家のどこかにはあるはずですが、押入れの奥底にしまい込んでしまっているんでちょっとやそっとでは出てこないのが悲しいです

最近は電子書籍でもあるようなのでそっちで読み返そうかと思っています

IMG_1674.JPG



にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ


にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ




















posted by スナフキンパパ at 13:40 | Comment(0) | コーヒーブレイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年5月の日記

新型コロナの影響で息子が家で待機することがほとんどなのでケッコウな頻度で登場していました

読みたいと思っていた「青空文庫」をキンドル仕様に変換できるようになりました
野村胡堂や海野十三・小栗虫太郎なんてのが読み放題になってしまった

ズームでのONLINE手帳会議も楽しかったのである

2005月日記.JPG


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ


にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 19:46 | Comment(0) | わたしの手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「水曜日が消えた」「緑色が消えた」

消えた水曜日は映画館で答えを見つけてください

消えた緑色は多分、もう見つからない、なぜなら事務用ボールペンの緑色はどのメーカーも廃版になっているみたいだから

昔々自分が中学生になった頃ボールペン(事務用の安いやつ)がノートを取る筆記具の代表でした
ボールペンは自分の記憶の順番でいうと青色(親父が帳簿付けに使っていた)その後黒、でほぼ同時に赤を文具店で観ました

中学になるとこの事務用ボールペンでノートを取って大事なことは赤でアンダーラインや文字を書いていたのですがその後緑色が発売になりました

この緑色が当時すごく鮮やかに見えて直ぐに購入して使っていました

でも記憶のために」目立たせるラインマーカー(当時はアンダーラインマーカーと言ってたような気がする)が発売されて緑色はもとより赤すら使わなくなりました

その後多機能ボールペンが発売されたので全く気が付かなかったのですが先日「ハンズ」のボールペンコーナーで多機能ボールペンや多色が売りのボールペンのには緑色があるものの事務用ボールペンのコーナーには「緑」がありませんでした
そこで伊東屋やLIFEにも事務用ボールペンの「緑色」がありませんでした
「ゼブラ」「パイロット」「三菱」などのカタログにも事務用油性ボールペンには「緑色」は見当たりませんでした

気が付かなんだー
IMG_1668.JPG

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ


にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

タグ:事務
posted by スナフキンパパ at 22:00 | Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする