筆記具と紙のサイズ

今日もまったく当たり前の話

筆記面の大きさと筆記具の太さはなぜか均一に
なっている

つまり筆記面の小さな手帳はインクが細くなり
ノートなど筆記面が大きいほどペンの太さが
増して行くということです

私の今使っているノート(ノートカバーで
スケジュールとノートというかメモとして使ってる)は
ほとんど鉛筆です、それも極限まで使い切るので
最後は数ミリの太さの文字がメモに書かれています

手帳はというと0.38ミリのゲルインクボールペンで
ちまちまと細かく書かれています

ある意味というか現象として大きな紙面のものは
文字も大きくなり自由なイメージです
それに比べて手帳はその逆で、細かな文字が紙面
いっぱいに行間も狭く並んでいます、まるで遠くから見た
アリの行列のようです

自分のノートと手帳を今横にして見ていますが
なんと手帳の方が文字が多く書かれていました

わたしが使っているノート用(持ち出しのとき)
芯ホルダー(昔はサムノックと言っていたと思います)
普通の鉛筆より減りが早いような気もしますが
書き心地がとてもよいので中学・高校のときに使っていた
物を押入れの奥から引っ張り出してきました
ノート用のお出かけ時の必須アイテムです
ちなみに芯はステッドラーの2Bを使ってます


このステッドラーの芯ホルダーセットは
ほしいなあと思っている一品です


手帳用は個のタイプの0.38ミリです
先っちょが鉛筆のような形状で筆圧の高いわたしでも
先っちょが折れ曲がる心配が無いので好きです

posted by スナフキンパパ at 19:00 | Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: