新しいサイズのシステム手帳

この手帳のすごいところは、ごく一般的な
バイブルサイズの手帳の金具に、幅をA5サイズの
幅に広げた独自のリフィルを開発、販売となったのだそうです

たしかにこれは画期的かもしれない

リフィルもスケジュール、メモ、アドレス、アクセサリーなど豊富な
リフィルフォーマットがそろって、システム手帳として、それぞれを
必要な分だけ自分なりに自由に組み合わせができ新しい情報、古い
情報のページを差しかえることも自在にできるシステム手帳。

デジタルツールが発展する中、ひらめき、アイデアを受け止める
アイテムとして強力なアナログツール。

その中でも持ち運び、携帯性のあるバイブルサイズ、広いスペースで
ひらめきをとめることなく書き込みができるA5サイズが現在は人気の
サイズです。

しかし、逆を返すと携帯性はあるが限られた紙面では不満が残る
バイブルサイズ、書き込みスペースがとれるが本体まで大きくなり
携帯性には不満が残るA5サイズ、とそれぞれのサイズ
も残るのが現状でした。

そこで、「ハード」と「ソフト」両面をサポートするアシュフォードが
考案した新たなサイズが"HB×WA5"高さ・縦(H)はバイブルサイズで
ありながら幅・横(W)はA5サイズと同じというバイブルサイズの
リングを活かしながら横幅を広くとった新サイズです。

ワイドに広がった分、ダイアリーなどの区切られたフォーマットも
1行・1マスに余裕ができ書き込みしやすくなって

書く時にリングがあたって邪魔に感じていた部分が少なくなったり、
ポストカードや写真(A6サイズ)を貼り込むことができたりと
今までよりもさらに自由度がアップ!

広がった幅とともに発想も使い方もさらに広げて使いやすさを実感してください。


posted by スナフキンパパ at 00:01 | Comment(0) | システム手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。