手帳の話 新年

今年の手帳のシステムは去年と同じですが何かが違う

何だろう?

メインの手帳はSD手帳(システムダイアリー)で
カレンダーに予定表(ポストイットを使ったもの)、
そして実行後に記すチェック用カレンダー、
白紙のリフィル(毎日の記録やアイディアを書く)

次に、A5サイズのノートカバーを使った
片面一ヶ月見開きのブロックスケジュールと
反対にノート(無地。年末までは自分で作った
「ほぼにち手帳モドキ」は年末で終わった
→面白かったからまた作ろうかとは思っている)

そしてミドリのMDノート無地、
これは毎日の食事・血圧、脈拍・体重・体脂肪などに、
歩数や消費カロリーなどをメインに気が
向いたら日記みたいなものを書く。

なんと、3冊になってます




よくよく考えなくてももう1年しっかり
使ってきたんだから再認識なんて必要ない
はずなのにこうやって振り返ってみると
「多くない?」です

仕事用のノートカバーは常時持ち歩く
ものではないのですが、

文庫本サイズとはいえ2冊の手帳は
持ち歩くには少々かさばってしまう

おまけに今年はノートブックのパソコンを
持ち歩き始めた

やっぱり少し(いや、かなり)多いかもしれない

そういったわけで(どんな訳だ?)
今年一年をかけて少し手帳のシステムを
軽くしていこうと思うのであった



posted by スナフキンパパ at 07:59 | Comment(0) | わたしの手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: