紙衣で筆箱を作る 3 ミシン掛け

今回で完成です

ミシンをかける前に紙をカットします

正確にカットするなら専用の道具や定規を
使って行うと思うのですが「あるもので間に合わせる」のが
信条の私は昔100円ショップで購入した
幅広の定規を使って直角をとりました

私の趣味で100円ショップは欠かせないアイテムです



紙衣をカットしたらこれを元に
ミシン掛けを行いますが

ミシン掛けなんて小学校の家庭科の
授業で雑巾を作ったとき以来使ったことがない


奥さんにヘルプを出したのですが
「東方神起」のリアルタイムの動画を
見るのに手が放せない為仕方なく
娘に教えを請いました

とりあえずミシンを稼働する方法が
わかったのでここから早速制作に取りかかります

最初にファスナーを紙衣に取り付けるために
待ち針で止めてみたのですがそれだけで
3回針を指にさしてエライ思いをしました


これを奥さんに見せたら

「パパの技術で待ち針を使ってミシン掛けは無理」と
一蹴されてしまいました

「仮縫いしてやってみたら」
という教えに従ってやり直し

かなり荒く
ただし直線になるよう気をつけて
縫いつけました

満足といえる縫い方では
なかったのですがそれは初めての仕事

ここは我慢しよう
(早く制作に入りたくてウズウズが優先してしまいました)


慎重にミシン掛けをしましたが
ファスナーの厚みがじゃまをして
どんどんゆがんでいきます


3回ぐらい縫いなおしてようやく
片面のファスナーを縫い終わり
いよいよ残りの面にファスナーを仮縫いします

ところがここで問題が発生!

当然ですがファスナーを
両面に取り付けると筒型になります

筒をミシンで縫うなんて「想定外じゃぁ!」

と思いながらも

「ここは無心になって行き当たりばったりでいこう」
ということにしました

ファスナーを開ききって縫える場所まで
一気に縫いファスナーを閉めて開閉部分を
縫う場所からはなし逆方向から縫いました

取り合えず筒型に縫い終わり

こんどは筒の口になる部分を縫い合わせ
(ここは一気にできた)

まあとりあえず筆箱の体裁はできたのですが
このままではマクドナルドのアップルパイ
みたいな形になってしまいます

そこで角の部分を三角に縫い
厚みを出すように工夫しました

これもミシンとの相性が悪く(つまり技術がない)
さんざん苦労して四隅を塗ってこれを
ひっくり返して形を整えて完成!

かなりゆがんでファスナー部分も
ゆがんでしまったのですが
生まれて初めての縫製は完了



同時に筆箱も完成しました

その
筆箱がこれだ!


(すいません写真が間に合いませんでした
 でも今日中にアップします)

今回は長文ですいません

これが紙衣の仮縫い状態
(まち針での作業なのでいわゆるボツ作業です)
仮縫い

完成した筆箱
チョット目にはよく見える
紙衣 筆箱1

この筆箱は
現物から1.5bぐらい離れてみると
なかなか良い出来に見える
紙衣 筆箱2

ヒラクと中の
裏地が見える
紙衣筆箱3



にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
にほんブログ村

この形が次の目標だ
タグ:手帖
posted by スナフキンパパ at 19:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | リフィル自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック