手帳を選ぶ その2

無駄なく手帳を使いきるのには
システム手帳があります

私はそのシステム手帳の小型版SD手帳を
使っていますがシステム手帳は
そのサイズに関係なく欠点があります

これは20年以上システム手帳を
使っていてはっきりと言い切ることができます
「重い」

当たり前ですシステム手帳のリフィルを
綴じるのはおもいっきり金属です

10円硬貨が10枚あれば
そこそこの重みがあるように
システム手帳はそのカバーがリフィルの
何倍も重いのです

例えば私が使っている「SD手帳」は
縦約8センチ・横約14センチとかなり
小さいのですがそれでもワイシャツの
ポケットに入れると「ズシン」とした重みで
両肩口がワイシャツのポケットに
引っ張られるので胸ポケットには絶対入れられません

とは言えシステム手帳は20年以上使い続けている
というのはそれなりに手放せない理由があります

その理由とは
「ナ・イ・ショ」(ウッ気持ち悪!)
ではなく情報が沢山はいること
その情報の差し替えが用意であること
自作のリフィルが導入しやすいことなどがあります

でも本当に使いやすい手帳のシステムを
考えると今はシステム手帳ではないように思えるのです


さて前回の記事に戻って考えると

文字や絵を書くのには大きなものを
メモやスケジュールにはポケットに入る
コンパクトなものを使いたいので
必然的に必要に応じた複数の
手帳などを使うことになります

そして大判のものは無駄なく
使い切るために日付がないもの
つまりノートがベストであるということ

コレは腰を落ち着けて
かくので多少重くても良い

そしてスケジュールやメモは
差し込み式のセパレート型のものを
使えば良いわけです

小型の薄いメモと薄いスケジュール帳なら
ポケットに入れてもかさばりませんよね

こうして私のベストマッチの
手帳システムが出来ました

さてそれではお気に入りになりそうな
手帳(ノート)を探しに行きますか

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック