「きれいに縫えるミシンの基礎」を学ぶ・・・予定

私の趣味は手帳と文房具ですが
そのほかに「紙衣(カミコ)」があります

「紙衣」って聞いたことないですよね
趣味の本など見たことも聞いたこともありません

紙衣(かみこ)というのは金沢で
「加賀紙衣」という工芸品が有名のようです

本来和紙を加工して作るのが紙衣ですが
私はMドナルドのテイクアウト袋やクラフト紙などの
洋紙を加工しています

それは手に入れやすいから

作り方は簡単で和紙に「こんにゃくを溶かしたのり」
(こんにゃくのり)を塗り乾燥
乾燥した紙をもんでというのを繰り返しますそうすると
独特のシワとふんわりとしたなめし革のような
風合いの紙ができ普通の紙の何倍も丈夫なものになります

そしてこれが防水効果もあるので昔
あの松尾芭蕉も旅の雨合羽に持ち歩いていたそうです

このカミコを私はペンケースやブックカバー・
ノートカバーに加工しています

この紙衣の制作には「縫う」という行程が発生します

でも私はミシンをうまく使えません
というよりほとんど使ったことがないのです

なので「ミシンの基本」の本を購入しきちんと
縫製してきちんとした立派なものを作りたいのです

この本を買った



にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ


posted by スナフキンパパ at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 紙衣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック