紙布(シフ)について

2014年9月16日のモーニングバードで
紙の糸で作る反物:紙布(シフ)のことを
紹介していました

というかこの布(紙?)の
作者のことを紹介していました

紙布(しふ)というのは
和紙を細く裂いてこれをコヨッて
糸を紡ぎ布に織りあげる工芸品です

極薄の和紙を重ね紡いだ糸は超強力で
保温性に富み軽いとても優秀な素材です

私が作っている紙衣のようにノリを
足したりしていないので肌触りも抜群
(さわってもいないのに知ったかぶりです)

紙なので染めなどの加工も
容易な優秀な素材ですが
紙を糸にするのに大変な努力が
必要であったり紙は和紙のような
長い繊維でないと糸にできない

その和紙も特殊な薄い紙でないと
いけなというデリケートな素材です

でこの和紙向こうが見えそうなほど
(一見すると和紙ではないくらい)
薄い和紙を使っています

この和紙一瞬みただけののですが薄さや
色合いから金箔を作るときの台紙ににています

どうもこの紙布おもしろそうなので
もっと知りたいと思うのでした



にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 紙衣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック