オイラの手帳システム3

カレンダーページを閉じると本編

メインページがあります
それ以外はクリアケースをカットして作った
仕切り板があります

メインページはメインなんですが
一番貧弱で
コピー用紙(それも使用済みの最利用)を
カットした白紙のページがえんえん続きます

この白紙のページになんでも時系列に
文字を情報をぶち込んでいきます

このページのルールはひとつ
「日付を記入してから書く」だけです

いい加減なレイアウトなんですが
日付を記入するだけで
この前後になにを考えていたのかが
なんとなく思い出されるので
自分の記憶のキーワードになっているんですね

左ページ
140322記事02.JPG

右ページ
140322記事01.JPG

普通
一般的には1ページ1情報が好ましいのでしょうが
このページはなんでも書くのでツメツメに書きます

「個別情報」「検討項目」がアレば
その時に一枚1情報としてページを使います

そういった意味で自由度はかなり高いです

ほとんど手作りだからこそできる

なので「日付は印刷してあるのがいい」人には
絶対向いていません

写真を見るとわかりますが
色違いで書いています
コレにも一応ルールはあります

赤:予定終了(これだけは曲げられない)
黒:消滅予定・日記など
青:ブログ記事
緑:食事の記録

ですが
赤以外は相当適当です
スケジュールやToDoなどの
行うべきことが終わったら
その痕跡はここでしかわかりません

あとで見直すことがアルため
必ず赤を使います

そして手帳の補助道具としては・・・



にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | わたしの手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック