生きた墨 墨汁


開明墨汁
文字通り「墨の汁」です

ですがこの墨汁は「腐る」んです
といっても本当に腐るわけではないのです

墨汁の色の原料のカーボンは墨汁の中では
漂っていてまるで生きているように見えますが
時間の経過によりこのカーボンが固まったり
沈殿してしまうと

この時に「イヤーな臭がするそうです」

開明墨汁は子供の頃に漫画を描くのに使っていました

まんがをかくと言っても
本格的なものでなく
鉄人28号や鉄腕アトムの扉絵を
画用紙に模写してぺんがきするという
なんちゃってマンガ家ごっこでしたが

それでもカブラペンに墨汁を
使って描くとなんだかプロになったような
気がしたものです

YouTubeに
【舘鼻則孝の方程式】4.開明墨汁 (オデッサの階段)


墨汁の寿命は開封から数ヶ月です
余程の消費をしない限り使いきる前に
腐敗します
そんな時は迷わず廃棄しましょう


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
タグ:
posted by スナフキンパパ at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック