教育または指導について

教える人は「相手は知らない」ことを
前提にすること

これが一番近道という気がします

知らないから「優しく」「基本を踏まえて」
「おおまかから詳細に」教えていきます
下手でも図にしながら書きながら教えます

先にレジュメを作成してあったりすると
こちらのやる気が伝わります

こうして説明すると表情や言葉に「わかった」
「わからない」「テンション」が伝わってきます

理解した事はキッチリほめます

理解していない事は何が分からないか確認します

わからないことをこちらが理解することで
伝えるポイントがわかり相手も混乱なく理解できる

同じことをミスする場合理解していない場合が
あるので行程をおさらいすると理解ポイントが
わかったり単に慌てやあせりから起こる場合があります

時間の目処を教えれば解決します

少人数を教えるときはこの方法が一番近道だと思うのですが

自分は大変だけどね〜


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 習い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック