ノート術の本を読み進む・・・ん?

今年もすでに二週間を
過ぎようとしていますが

ノート術の本


これが一向に読み進まない

最も大きな要因が
面白くない

面白く無いというのは
このノート術がいかにして
開発され
テクニックが構築サれていったのか
とか

このノート法の起源から
なんちゃらと
小難しいのです

更に

自宅では本をほとんど読まない
まあ小説は読みます

通勤ではどうか?
出勤:爆睡中
帰宅:iPhoneでマンガを読む

出勤前後の喫茶店
(いや、ファストフードも入ります)
カフェでは主にブログ記事を考える

昼休み:そんなに時間がない

本来ならば通勤:自宅:喫茶店・・・
どこでもできそうなんですが

一度カタチが決まると
それからなかなか外れることが
できないのです

また
そんなに面白く無いなら
飛ばして本題に入ったらいいのに

とも
思うのですが
それができない
順番に読まないと気持ち悪いのだ
高倉健さんならこう言うんでしょう

「自分、それができんのです
 不器用ですから」

そんなわけで(どんな訳だ)

今日も自己嫌悪と戦い
1ページでも多く
読むことができる強い意思

それがあることを祈る!


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 18:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | マインドマップ手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック