デルガード シャープペンシル

欲しいシャープペンシルがあります
デルガード

折れない・つまらない
シャープペンシルです


シャープペンシルは
あまりシュッとしたものより
鉛筆削りで削った角度のものが好きです

でもこのシャープは
丸いヘッドから
注射器の針がピコンと
飛び出したようになっています

もう少し軸が太いと
書いた文字が見にくくなるので
使いにくいのですが
これはギリギリ気持ちいい
カタチです

なお
デルガードの特徴を
ゼブラのホームページから
引用させていただきました
どれだけ力を込めても芯が折れない※
世界初のシャープペン『デルガード』
2014年11月12日(水)発売

ゼブラ株式会社(本社:東京都新宿区/代表取締役社長:石川 真一)は、筆圧や書く角度に合わせて芯をガードする新開発の内部機構により、どれだけ強い力をかけても芯が折れないシャープペン『デルガード』を2014年11月12日(水)より全国の文具取扱店にて発売します。

シャープペンは、中高生の9割が毎日勉強などに使う筆記具です。しかし、集中してペンに力を入れた時に芯が折れたり、内部で芯が詰まって出なくなることが最大の不満点でした。
『デルガード』は、二つの特長でその不満を解消しています。

特長1:筆記中の、あらゆる角度のどんなに強い筆圧からも折れないように芯を守ります。【特許出願中】

紙面に対し、垂直に強い筆圧が加わると、軸に内蔵されたスプリングが芯を上方向に逃し折れを防ぎます。
斜めに強い筆圧が加わると、先端の金属部品が自動で出てきて芯を包み込みガードします。

その二つの機構が、加わる力の角度や強さに合わせて自動で配分を調整して作動します。
(※芯が出ていない状態から、4回以上ノックして書くと折れることがあります。)

特長2:芯が内部で詰まって出なくなることを防ぎます。【特許出願中】

軸内部にシャープ芯を誘導する部品を取り付けたことで、短い芯でもずれて詰まることがありません。

効果:芯折れや芯詰まりを気にせずに使えることで、毎日の勉強やテストなどの大事な場面で、ユーザーが安心して書くことに集中することができます。『デルガード』は、中高生にベストパフォーマンスを提供します。


そして
折れない機構がこれです
デルガード.png

普通だと単機能ですが
このペンは
垂直と斜めに対する
ガードが働くんですね

問題は「落っことした時」の
対策なんですが
どうなんでしょう

でもこのPENは気に入ったので
手に入れるでしょうね

これでモノグラフと合わせて
2本になります

本当は「クルトガ」もあったんですが
落としてしまいました

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 20:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も気になって購入しましたが、
これは非常に良いですよ!
本当に折れないです。

落としたことは無いので耐衝撃性はわからないですが、
どんなに筆圧をかけても大丈夫です。
ついでにクルトガの0.7mmも買っちゃいましたが、
断然デルガードです。

デルガードとプラチナのプレスマンがあれば
僕はシャーペンは満足!という感じです。
Posted by いぶし銀。 at 2015年03月10日 02:07
やっぱりそうですか
今日、購入しに行ってきます
ヤッホー!
Posted by スナフキンパパ at 2015年03月10日 10:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック