本かノートか?ノートをもらう

息子から本いや
本と言っていいのだろうか?

実はノート
本ノート1.JPG
これをもらいました

本ノート2
本ノート2 posted by (C)スナフキンパパ
ノートを開いた時
この厚さなのにフラットになりやすい

いいですねえ
息子の自作(完全手製本)
仕事の修行で作ったそうです

自分で作ったことがあるので
(本というよりカルトナージュの
 ノートカバー)
これを作るのがいかに大変かという
ことはわかるつもりです

中とじのノートをたくさん集め
背表紙をつけてカバーを付ける

言葉で言うより大変な作業です
昔どこかの出版社で
出版していた「白い本」

本ノート2
みたいです

何に使おうか考えてしまいます
「何に使おっかなぁ〜」と
楽しく迷っていたら
息子が

それ「中身は上質紙だから書くとタブン
おもいっきり裏抜けするよ」

「おうっ 分かった」

油性にしろ水性にしろ液体系の
筆記具はダメだと宣言されてしまいました

でもまあ「鉛筆」なら大丈夫だろう
それなら「色鉛筆も使えるな」
本ノート2
本ノート2 posted by (C)スナフキンパパ


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック