まる一日テレビのこと

ほぼ悪口に感じられると思いますが
本当はソウじゃないです

自分も
「参加できるような番組になったらいいな」
ということをいいたいのです

30年以上前から
(まもなく40年か)始まり
今に至るわけですが

演出過剰でついていけません
まあ長い歴史があり
マンネリでは募金も集まらないんでしょう

しかし
当初の企画では
赤字覚悟のチャリティー企画だと
聞いております

最初の10年ぐらいまでは
寄付をしたり24時間近く
番組に付き合っていましたが
だんだんと企画が「お涙頂戴」になって
それが過剰になってきて
ドンドン遠ざかって行きました

今日はご飯の時たまたま
見ていました(昼も夜もね)

やっぱり
やり過ぎではないかと思います

障害で「言葉が上手く出てこない」人の
手紙をその人の真似をして読む
これって昔は司会者とかコーナーの
進行役の人がしっかりと普通に
読んでいたと思います

こういった演出はある意味
やり過ぎだと思います

そういった演出が
そこそこ多くあってどうしても
今は馴染めません

マラソンもそうです
無理に人体に付加をかけて
それで「よく頑張った」
お涙頂戴ってのは
・・・どうかと思う

足を引きずり
苦痛に顔を歪め
一日中走るなんて
企画した人も
参加した人も
どうかしてるんじゃないでしょうか
(これは言い過ぎた)

当初の番組作りを
もう一度良く見て
もっと誰もが参加できる
番組になりませんか
(オイラだって参加したいんだ)

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
タグ:日記
posted by ヤマオト at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 欄外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック