「本」を読む

図書館から借りてきた本
「ST警視庁科学特捜班」を読み始めました
物語の本を読むのは久しぶりです

最近「本」としての形態で読んでいるのは
ノウハウ本とかレポートがほとんど
というのも
もう一度読みたいところとか
参考にしたいところに
ポスト・イットをたくさん使うから

小説は最近iPhoneとか
ノートパソコンで電子書籍や
青空文庫で読んでいます

場所と重さの負担がないからです

でもやっぱり子供の頃から
親しんでした「本」という形式は
捨てがたい

というより
読みやすい、集中しやすいのです

電子書籍が多いといっても
実は本は買い続けています

小野不由美・夢枕獏・京極夏彦
宮部みゆき・畠中恵・海外のSF・ファンタジー
などなど(あとムーミンのシリーズね)

よむペースは遅いのですが
電子書籍は便利なのです

しかし今日借りたこの本は
ペーパー本の読書の面白さを教えてくれました

少し重くても持ち歩くことにしました
だっておもしろインだもんね


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by ヤマオト at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 欄外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック