田舎から持ってきた本

ようやく疲れが抜けてきました
いやはや年は取りたくないものです

ということで
書きたいことはいろいろありますが
田舎から持ってきた本のことを
少し書きます

全て20年以上前の本なので
たぶん絶版になていると思います

最初はレイ・ブラッドベリの
「十月の旅人」

短編集です

ブラッドベリは最近また読みたい本
なのですが
本屋さんでは見かけません

ハヤカワSF文庫の短編集
「十月はたそがれの国」

萩尾望都(知ってるか?)さんが積極的に
漫画化していた
「ウは宇宙船のウ」「スは宇宙(スペース)のス」など

私は短編集が好きです


そして
失踪日記の吾妻ひでおの
「エイトビート」


この人の月刊誌の欄外漫画を
また観てみたい

最後は少女漫画
陸奥A子の「きのう見た夢」


月刊誌「りぼん」の看板漫画家です
たぶん漫画情報誌「ぱふ」からの
情報だとおもうのですが
この方と田渕由美子も
当時読んでいたと思います
(恥ずかしい)

そんな本を持って帰りました
じっくりと読んでみましょう

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 07:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | コーヒーブレイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック