紙と電脳

何度トライしても身につきません
PCや携帯でのスケジュール管理

携帯はガラケーでネット環境が
と言うより
費用対効果でネットは効率的でないため
メール以外使わない(これだってほとんど使わない)

PCはデスクトップなので
持ち歩きできない

そんな環境だからでしょうか?

違うと思います

今回
思い立って息子からもらった
iPhone4s
コンビニやスタバでのWIFI登録を行ったので
スケジュールが外でも普通に使うことが
できるようになりました
そこで電脳スケジュールに切り替えようと思いました

PCのスケジューラーと
スマホのスケジューラを
自宅でリンクさせれば
自分の場合ほぼそれで用が足ります
外でスケジュールの変更などがあっても
コンビニに行けばパソコンとリンクできます

これならいけるかも?と
始めました

予備として手書き手帳にも
同じことを書きました

こうして何日か過ごしてみたのですが
この紙とパソコンで明らかな
違いがあることがわかりました

あくまで自分個人的なことかもしれません

それは
パソコンより紙ベースのほうが
明らかに情報量が多いということ

私がスマホにスケジュール管理を
移行しようと思うのは
自分の手帳の使い方が
スケジュールと考えを書いたり
まとめたり
ブログ記事を書くためであり
日記としての機能は
ほとんど使いません
だから
こういった意味でも
手書きの手帳である必要はない
ということです

ところが
紙とパソコンを平行して
使っていて
同じところを見て感じること
それが全く違うということに
気が付きました

パソコン版のものは
淡々としたスケジュールです
可も非もありません

ところが
紙に書いたものは
その時の様子や
その日の出来事の殆どを
思い出すことができました

つまり毎日なにがしが紙の手帳に
書いていると
日記を書かなくても
記事にその日のことが
隠れていて思い出すことが
できるのです

そういえば
何かを思い出したいときは
手帳をパラパラめくっていたような気がする

なんだかんだと言いつつ
紙媒体の手帳はしっかりと
自分の中に根っこをはっていたようです

それでも思うのは
スマホ一本で自分を
マネジメントしてしまう人への
尊敬と憧れです

自分にできないだけ
本当にすごいと思ってしまいます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック