紙衣とこんにゃくのり

図書館で借りた本を
アマゾンで購入しました
じっくり読み込みたいのと
好きなときに見直すことができるからです

備品で送料込みで
定価の半額以下だったらイイかなあ
です

まだ手元に到着していないのですが
この「和紙事典」です


すでに4日ほどしていますが
まだ到着していないので
待ちきれすに書いちゃいます

事典とあるように
和紙の種類と特徴
使い方などが
基本見開きに一品目
写真付きで紹介されています

紙衣のことも当然書かれています
その中で
こんにゃく糊の塗りこみ回数に
ついても記事がありました

ということで購入に踏み切ったのです

それはさておき
こんにゃく糊の塗り回数です

自分の塗る回数は3回
洋紙で繊維の絡みつきが
弱いのでこれ以上は
無理かなと
判断したのです

しかし和紙を使った
本場のものはおよそ6回

うーん
回数多く塗れば
丈夫になることはわかっているんだけど

どうかなあ
塗る回数に応じて
一回の揉み込みを少なくする方法とか

1回目 2回目 3回目・・・と
回数を重ねるごとに
最初は少なく段々と
もみの回数を多くする
方法とか

いろいろと考えてしまいます

まあそれが楽しいんですけれどね

更に閑話休題

最近妻に作りかけのプラモを
なんとかしなさいと
よく言われます

大丈夫だって
いつか必ず造るんだって
ホント
チョッロ待っててよ   ネ

自作の紙衣ノートカバー
カルトナージュ風
130112手帳カバー正面.jpg


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 紙衣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック