手帳好きが表計算ソフトに親しむ

手帳が好きな人なら
自分の理想の手帳レイアウトが
あると思います

これを実現するのにエクセルなど
の表計算ソフトを使って見よう!

という記事です

最初から完璧を目指すのは大変なので
まずは既成品であるルーズリーフ用の
リフィルを作ってみる

B5サイズやA4サイズなら実際に
印刷して使うこともできます

サイズが決まっているので失敗も少ないです

自分はエクセル2016を持っていないので
最新のエクセルと操作が少し違うと
思いますがノートの罫線を引いてみましょう

1.最初に一文字なんでもイイので入れたあと
「印刷プレビュー」を開く
 すぐに閉じると画面に点線が表示されます
 この点線部分が一ページに印刷される部分になります

2.最上段左のセル(座標で言うとA1です)を
クリックしてページの一番右側のセル上で
「shift+クリック」し一行分を指定(色が変わります)
 その行の上で右クリックをすると「セルの結合」
というのが表示されるのでクリック
 すると指定した部分がヒトマスに結合します

3.このセルの右下の角にマウスのカーソルを
移動すると「+」が表示されます
 そうしたらクリックしてそのままページの
一番下までドラッグするとドンドン統合された
セルができていきます

4.2.の要領で一番最初の行をクリックして
一番最後の行で「shift+クリック」し
罫線をつけるページを指定します

5.指定したところ(どこでも)で
右クリックして「セルの書式設定」を
クリックし「罫線」⇒マスが二つ
くっついた絵の下の辺をクリックすると
下線が引かれます

これで一ページのリフィルができました

少し詳しい方ならセルのサイズを変更したり
セルを細かく方眼状にして必要な部分の結合をすることで
かなり自分の作りたいリフィルができると思います

暇つぶしができる「頭の体操」だと思って
楽しんではどうでしょうか

ヘタヘタな文ですが伝わったかな?

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック