繰り返し手帳

完全な手帳は「繰り返し見る」ことが
絶対条件です

営業での訪問後、会議のあと、同僚との雑談
何でもいいのですが必ず「ノート」「手帳」を
見返してみることが「漏れ」や「新しいアイディア」
などを生み出す事になり

これが、手帳やノートへの信頼感と安心感を生み出し
手放せないアイテムに変わっていきます

手帳の紙面が脳と結びついて記憶を呼び出すための
「呼び水」になります

ある意味「マインドマップ」と同じ使い方になるのではないで
しょうか?

不思議なことに慣れたノートや手帳を持って
会議に出てその後見直し作業をすると書いてないこと
(書き漏らし)やその時にフッと思ったことなども
再び思い出したりします

関連付けができたのでしょう
脳の記憶の部分がノートや手帳を持った時点で
会議の時間をフィードバックしてくれるようです

「肌身離さず」と「繰り返し見る」「直後の見直し」は
手帳と自分の架け橋であり自然に時間を繰り返すビデオテープに
なります。

「使う」のも必要ですが「見直す」こともどんどんやりましょう


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

posted by スナフキンパパ at 09:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳の使い方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック