字幕文字

昔の映画の字幕の文字
「字幕スーパー」とか言ってましたっけ

一年でたいてい一回はこの文字を
書いてみたいと思う時がある

それはどんなときにそう思うかというと

文字をたくさん書くとき

お上品でお上手な文字は
一切カキ問と思ったことがありません
自分には似合わないと思っているから

丸文字も好きです
でも一番好きなのは
字幕スーパーの文字

と言いますが
今の字幕ではありません
(今は手書きの字幕はありません
映画用のフォントというのがあって
コンピュータで処理されています)

昔の烏口(カラスグチ)を使って
手書きをしていた頃の
なんとも言えない四角くて
省略された文字です

何故そうなのかというと
たぶん
たくさん文字を書いていると
だんだん飽きてきて
字が汚くなってくるのです

後で気持ちよく見直すことができるよう
均一の文字がずーっと続けて
書きたいからです

毎年
コレを習得するために
勉強の素材を調べていますが
見つかりません

こうなったらフリーの
フォント(似ているフォントはある)でも
落として
コレを見本に練習をしますかねぇ

・・・・・


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 09:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 習い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック