コーチングがやさしく身につく物語

自分のできの悪さから
いよいよ「藁にすがってしまった」

この本を買ったのにはわけがある



自分の考えが伝わらないのだ
「人に伝える」方法として
この「コーチング」という
手法を選んでみた

なぜ?
相手が自然に「気がつく」ように
見えたから

「人が伝える」より
「自分が気づく」ほうがより
印象が強く忘れない
そしてそのことを
「自分の言葉で伝える努力をする」
ように思えたため

とりあえず急いで読んでみます

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 07:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 習い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック