デルガード タイプERを使った

デルガード タイプERは購入び当日に仕事場で使ってみました

これにはクリップがないため自分的にはとても気に入っていています
というのもクリップはほとんど使わないからです
ポケットにスポンと差し込んだり筆箱にいれているので全く問題ありません
と言うより書くときにクリップがあたらないのでむしろ便利になりました(職場ではクリップ派の方が多いのですが)
ただ転がり防止にクリップの元に当たる部分に一つ突起があります(これで充分)
デルガード タイプER.jpg

書き心地は今までと代わりありません

さて肝心の消しゴム部分ですがクルンとひっくり返すとピョコンと出て来る消しゴムのギミックは楽しいですがそのままゴシゴシ使うと消しゴムがグラつきます消しゴムはホールドして使えば問題はありませんが・・・

消しゴム自体は「当社従来比25%向上」とある通り一般的なシャープのオシリについている消しゴムの向上番という感じでもう少しナントカしてほしいですね
更に広い面は対応仕切れないとおもいます

簡単なミスの補正用ってとこですかね

このシャープは「ペン」としてなら初代デルガードより好きですが消しゴムの評価となるとなんとも・・・

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック