傘と笠

実は「笠」ってすごく優秀なんじゃないか?!
と 考えてしまった

笠って頭にかぶるわけですが実はキャップやハットみたいにスッポリと頭を覆うのでなく笠と頭の間に空間ができています
例えば「工事用のヘルメット」みたいに

これは何を意味しているのかというと頭の中が蒸れない、頭部と笠の間に空間があるということはこの間を空気が流れて「蒸れない」訳です
編笠.jpg

先日「がっちりマンデー」でフラクタル構造の日除けが紹介されていましたが笠の構造がかなりそれにちかいのでは?と考えてしまったのです

それに笠は傘と違い手を塞ぐことがありませんこれってすごいことだと思いませんか?
使わない手はないのですよ、あとはそのデザインが良ければ人気爆発?!




にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ


にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ






posted by ヤマオト at 14:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | DIY ラクガキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック