作業台を作る

絵を描いたり工作をするときに使う作業用のマット(テーブルを汚したり傷をつけないための者)が欲しくなりユーチューブを参考に手抜き優先で作業台を作ってみました
サイズはA4サイズのカッティングマットを収められるものとB4サイズのカッティングマットを収納できるものの2種類です

基本的には
1.ダンボールをマットより少し大きめにカットして収納に余裕をもたせること同サイズを2枚作りマットを挟んで収納する

作業台 (1).jpg

作業台 (5).jpg

2.外側は布を張って見栄えがすこし良くなるようにします
 ・B4サイズは布張りで一枚の布にB4サイズのダンボールを2枚貼り付けます
 ・A4サイズのほうは片面をDIYで壁などを飾るシールを明るい色味のものと暗い色のものの2種類を使って見ました、双方をつなぐのには布製のガムテープを使いました

3.内側は滑り止めを施します
 ・B4サイズの方は猫の爪とぎのシールを貼り付けました(これ表面が微妙にざらついているので滑り止めになるかと思ったわけ
 ・A4サイズの方はサンドペーパーを貼り付けてみました→これは妻のパッチワーク用の作業台を参考にしてみた

作業台 (3).jpg

作業台 (6).jpg

4.動画では内側に三角コーナーみたいのを取り付けマットをセットできるように制作していましたがこれを作るのが面倒なので太い輪ゴム二本で止めるようにしました

ちゃちゃっと短時間で作ったのですが使い勝手は良さそうです

A4サイズの方の面張りはこれで撮影(ってほどのじゃない)できるように明るい色と暗いいろに分けてみました
作業台 (5).jpg

これにはカッティングマットだけでなく不要な紙(糊を塗るときの汚れ防止や汚れを拭き取る)も挟んでます

B4サイズは布をノリで貼り付けたので乾くまでの時間がかかったのですがA4の方は化粧シールなのであっという間に完成します
ものを撮っ散らかす自分としてはマットが簡単に収められ目立つので探すことがなく便利に使えます

こんなふうに2枚収納できて滑り止めがついているので結構安定しています

作業台 (7).jpg


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ


にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ






posted by スナフキンパパ at 21:34 | Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

万年筆洗浄

OHTOの万年筆があまりにフローが悪くついにインクが出なくなったのでお蔵入りにするところでした
でもお蔵入りのために万年筆を洗浄したところ中からオリのようなインクの塊がたくさん出てきました
そういえば万年筆を何日も使わないことが多々あってどうもそれが原因ではないかと思えるのです

そうなると本来の原因は「自分」ということになります
あぁ万年筆さんごめんなさい!
しっかり洗って乾燥してお蔵に入ってもらいます
「やっぱりお蔵入かぁーい!」

万年筆洗浄.JPG

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ


にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ






posted by スナフキンパパ at 17:53 | Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シール手帳の使い方

以前、パチるノートというので「ロケットブック」のマネごとをしてみましたが、このとき使った「百均のシール帳」(じつはあまりうまく使えなかったのでそのままししていた)にコーヒーをこぼしてしまい、またまた「これをなにかに使えないか?」と考えてこんなふうに使ってみました

画面右上にコーヒーのシミが
ホワイトボード (1).JPG

くっきりスッキリ気持ちよくかけます
ホワイトボード (2).JPG

ティッシュでひと拭き
ホワイトボード (3).JPG
時間が経過すると乾燥したティッシュでは落ちにくくなりますが濡れたティッシュならかんたんにきれいに拭き取れます

こんなにきれいになりました
ホワイトボード (4).JPG

何てことはないシール帳にホワイトボードマーカーで書くメモ帳なんですが、シール帳はビニールコーティングしてあるので「ホワイトボード」としてのしごとをキッチリこなしてくれます

ただしコスレに弱いのはホワイトボードとおなじです

手元において使う「チョットかくメモ」としてはありかなと思うのです


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ


にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

posted by スナフキンパパ at 19:48 | Comment(0) | 文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする