教育または指導について

教える人は「相手は知らない」ことを
前提にすること

これが一番近道という気がします

知らないから「優しく」「基本を踏まえて」
「おおまかから詳細に」教えていきます
下手でも図にしながら書きながら教えます

先にレジュメを作成してあったりすると
こちらのやる気が伝わります

こうして説明すると表情や言葉に「わかった」
「わからない」「テンション」が伝わってきます

理解した事はキッチリほめます

理解していない事は何が分からないか確認します

わからないことをこちらが理解することで
伝えるポイントがわかり相手も混乱なく理解できる

同じことをミスする場合理解していない場合が
あるので行程をおさらいすると理解ポイントが
わかったり単に慌てやあせりから起こる場合があります

時間の目処を教えれば解決します

少人数を教えるときはこの方法が一番近道だと思うのですが

自分は大変だけどね〜


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 習い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

修行と授業

娘の保護者会に行った
本当は行くつもりなどありませんでしたが
なんとなくいってしまいました

娘の学校は専門学校です

先生たちの学校のプログラムなどを
聞いていて
ふと思ったことがあります

それは「修行時代」と「授業」の違い

職人さんの世界では「修行」と
言われている
一人前の知識と技を手に入れる期間
ですが

今は「授業」でえることができるんだなあ
そんなことが感じられました

修行を否定はしませんが
修行で得られる技と知識は
修得(学んで得られること)

授業は習得(習って覚えること)

こんな感じでしょうか

修得は時間がかかりますが
体に染み込むことが多い

習得は早く得ることができるが
体にはシミつきにくい
(それだけの時間を使っていない)

修得は無駄が多いが
根性も身につく

なにが「いい」
かにが「悪い」と
言うわけでなく
それぞれに特性があって

そのよい部分をうまく使っていけたら
いいのに

専門学校はその良い部分を
摘んで生徒に植え付けてくれているような
そんな気がしました

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 習い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美文字になるには

マイナビニュースからの転載です

美しい文字を書くには
というテーマであったので
使わせていただきました



「落ち着いて書く」いつも嫁さんに言われてます
「本をお手本に」すでに挫折しました

なんにせよ
努力は必要であるってことですね

皆さんは「あたしの屍を越えて行ってください」

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 習い事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする