きっと誰も知らんだろう漫画シリーズ番外編

今回は番外編です
北海道在住のマンガ家の森雅之先生
素朴な絵柄と絵本や詩のようなリズムでお話しが進んでいく「ほっこり」する癒やし系の漫画です  自分は大好きな漫画なので「誰も知らんだろう」っていうのは抵抗はあったのですがまあ好きとメジャーかどうかは別問題なのです

1970年後半から80年代に知ったこのマンガ家さんは雑誌連載はあまりなかったと思いますが単行本や一時期流行した大判のハードカバー(あ そうそう絵本みたいな感じ)の本を何冊も出したりしていました

優しい気持ちになりたい人には、それから子供の頃を思い出したい大人におすすめの漫画です

見つけた本はたいてい購入していたので我が家のどこかにはあるはずですが、押入れの奥底にしまい込んでしまっているんでちょっとやそっとでは出てこないのが悲しいです

最近は電子書籍でもあるようなのでそっちで読み返そうかと思っています

IMG_1674.JPG



にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ


にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ




















posted by スナフキンパパ at 13:40 | Comment(0) | コーヒーブレイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きっと誰も知らんだろう漫画シリーズ006

初代ミスタージャイアンツ
野球好きならもしかしたら知ってるかもしれません
初代マスコットにしてミスターの称号を持ったひと、ですがマンガになっていることを知っている人はそうはいないかも

当時だと中心になって読んでいたのは月刊誌で「少年」「まんが王」「冒険王」「少年画報」のどれかを時々買ってもらっていたのでそのうちのどれかでしょう

描いていたのはまちがいなく「森田拳次」さん、主人公のミスタージャイアンツはわかんないですが子どもたちは森田拳次さんのタッチだった。

・・ああ記憶ですけどね
作品自体はほぼ記憶にありませんがなぜだか記憶に残っていました
ミスタージャイアンツ.JPG


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ


にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 20:59 | Comment(0) | コーヒーブレイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トリフィドの日

1962年の映画トリフィドの日(映画のタイトルは「人類SOS トリフィドの日」)を観ました

SFパニック映画です、もともとはジョン・ウィンダムというイギリスのSF小説家でこのトリフィドの日や光る眼といった地球外生命対の侵略ものが映画化されています

中学・高校のころSFブームがありそのころ創元推理文庫やハヤカワ文庫などでSFがドンドン出版されていた頃です

当時の自分は「スペースオペラ」と言われる宇宙活劇ものに傾倒していて後にアニメになるキャプテンフューチャーやレンズマン、スター・ウォーズからのスターウルフ、松本零士先生が挿絵を書いた「ソーラークウィーンシリーズ」「ノースウェストスミスシリーズ」なんてのにハマっていました

・・・失礼、脱線してしまった

トリフィドの日(人類SOS)はその頃小説よりも映画で知って見てみていと思っていたのですが、今回ようやく見ることができました

動画は「人類SOS!(トリフィドの日)」でYou Tubeで検索すると見ることができます

新型コロナウィルスがあってこの映画のそれなりの意味を考えることができるかもしれません

閑話休題
流星群のあと視力を失った人たちの歩き方がゾンビみたいだと思ったらゾンビ映画の巨匠ロメロ監督が影響を受けたらしいです

トリフィドの日.JPG


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 19:29 | Comment(0) | コーヒーブレイク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする