ハリウッド戦隊:nipponn戦隊

本当はこのCMを観て

確か「茶柱倶楽部」というマンガにあったなあと調べていたら、別のことに行き当たった

これです「パワーレンジャー」


日本の戦隊モノのリメイクというのかな?
最初はTVシリーズで確か戦闘シーンだけ日本のフィルムを使いその他は現地の俳優が演じて作ったあっちの戦隊シリーズです。
その元になったオリジナルがこれ「ジュウレンジャー(らしい)」


今度映画化されるものと比べてなんとも・・・
でもねえ、予算が違うんですよ予算が、予算さえ確保できればこっちだってぇぇぇぇ・・・?!


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

posted by スナフキンパパ at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | お昼の動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫勉(マンベン)

漫勉(マンベン)と言うのは漫画家の浦沢直樹さんが、漫画家の「漫画の現場を残そう」(マンガを生み出す)ということは文化として残しておくのがいいのではないか、と、その創作の現場を撮影しご本人とその映像を見ながら会話して行くという物

白い紙から物語を生み出す映像をご覧あれ


この動画にいまはまっています
超楽しい

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 10:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | お昼の動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道成寺 アニメーション

川本喜八郎 日本のアニメーション作家

アニメーションといってもこのかたは「人形アニメ」

はじめてみたのはたぶん何処かの「自主上映」だったとおもいます

お話自体は「歌舞伎」「能」「人形浄瑠璃」などで有名です
修行僧の安珍に裏切られた少女の清姫が激怒のあまり蛇に変化し、道成寺で鐘ごと安珍を焼き殺す
大雑把に言うとこんな話

この話をセリフ無しにアニメーションにしたのがこの作品です

表情を帰ることがむづかしい人形アニメにセリフすらありませんがしっかりと物語が伝わってきませんか?

まだ二十歳になるかナラないか、オタクになるかナラないかという頃でした
アニメと言えば「お子様向け」の時代この作品はかなり衝撃的でまだビデオもない時代だったのでただただ記憶しておくしかありませんでした
まさか今見ることができるとはおもいませんでした

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
タグ:日記
posted by スナフキンパパ at 22:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | お昼の動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする