入院レポート その3

救急車に乗る

このままではラチがあかないと思った家族(妻)が救急車を呼んだ

救急車にはタンカで運ばれると思っていたんですが二階での騒動で我が家の階段は狭いためゴムの大風呂敷みたいので運ばれました

スリムタイプ43.JPG

こんな感じです
病人というより捕獲された獣みたいです

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

posted by スナフキンパパ at 21:53 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入院レポート その2

前回しっかりお知らせしていなかったのでしっかりと報告します
このシリーズは15年ほど前のことです

ではスタートです

「熱さ」「痛み」「我慢のための力み」「肩の筋肉が収縮」で全身から汗が吹き出し、その汗が「ベトベト」していて気持ちが悪くシャツを脱いでしまった

スリムタイプ041.JPG

痛みで錯乱していると思った妻は「119」に電話、救急車を呼びました

そのあいだじゅう転げ回ってトイレで嘔吐

スリムタイプ032.JPG

とはいえ、かなり混乱して正常な思考状態ではなかったのですが、なぜかもう一人冷静な自分がいて「あー、この痛みはあの時の痛みに似てるなあ」とか「肩が凝るとこんなに痛いんかあ」とか考えていたのです

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by スナフキンパパ at 17:37 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

入院レポート その1

2005年11月29日に発病
PM10時ごろいきなり痛みが出た
肺が焼けるように熱くて痛い

肩がこりすぎて筋肉が縮んでしまったような感じの痛み

「強い痛み」と「もっと強い痛み」そして「もっともっと強い痛み」がアトランダムに襲ってくる

家族は心配していろいろ聞いてくるが痛みの波状攻撃で答えることができない
(あとで思い返すと「熱い」「痛い」「チョット待って」ということしか思いだせなかった)

「チョット待って」は痛みが少し引き始めた頃「もう少ししたら冷静に話せるかな・・・」と思ったのです
でもの波は「もっともっと痛い」のでした

スリムタイプ03.JPG



にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
タグ:日記 入院 病気
posted by スナフキンパパ at 20:16 | Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする