システムダイアリーのリフィル

えーっと自作リフィルのことですが、自分の場合は表計算を使っています

表計算を使うわけは「同じサイズのセル(極力小さい)」にすることで・・・
うまく説明できそうにないので実際のものを見て下さい
システムダイアリー(A4サイズ)161010-001.jpg

これは横27✕縦46のセルが集まっているのでこれに罫線を引いていけばそこそこ自由にレイアウトが可能なのです
これを応用すると・・・システムダイアリー(A4サイズ)カレンダー-001.jpg

こんな風にカレンダーが簡単にできたりします
このリフィルはカレンダーの日付サイズが一つのセルでできています

これを応用すると
システムダイアリー(A4サイズ)偶数.jpg

システムダイアリー(A4サイズ)奇数.jpg

こんな感じにそこそこ自由にリフィルの設計ができます

これから自作リフィルをやりたい人にはおすすめの方法だと思います

もっと美しいリフィルを作りたいと思ったらグラフィック系のソフトでの制作になるので、自分にはできません


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

posted by ヤマオト at 18:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | DIY リフィル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

応用で用途が広がるメモ用紙

多くの人が使っているかもしれませんが今日は簡単なメモ用紙の作り方を説明します

使うものはメモ用紙にする紙です多分1センチ前後の厚さでつくると失敗しないとおもいます
(薄いものはこの方法よりホチキスでとめるほうが失敗しないと思う)

今回はこちらA5サイズの紙(コピー済の廃棄用紙)
そして洗濯ばさみやダブルクリップなど紙を挟んで固定位するもの、そしてボンドです

まずは紙を重ねて一辺をきれいに揃える
メモ用紙的001.JPG
(上にいるのは現在のマスコット「福福スズメ」)

この揃えた方を糊付けします

きれいに揃えたらボンドを準備します
メモ用紙的002
メモ用紙的002 posted by (C)スナフキンパパ

きれいに揃ったらここにボンドを塗ります
しっかりと製本するならボンドは多く
切り離しを考えるならボンドは少なく
又はゼブラ模様に塗ります(こうすると糊が少ないのできれいに切り離しができる)
メモ用紙的003
メモ用紙的003 posted by (C)スナフキンパパ

塗り終わったらクリップなどで挟んで乾いたら出来上がりです
メモ用紙的004
メモ用紙的004 posted by (C)スナフキンパパ

クリップを外したら糊付けしていない面をカットするとカット面がきれいになるので再利用の紙でもいっちょ前の顔をしてくれます

一辺が糊付けしてあるだけで物差しを当ててカットするときの安定感がますので同じ角度で力を入れないで何度もカットしていくと本当にきれいな断面になります

コレを応用して再利用の紙の白紙部分だけを切り離したり
自作リフィルの切り出しも見違えるほどきれいになります

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by ヤマオト at 20:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | DIY リフィル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステキなリフィル

システムダイアリー(SD手帳)を
使っています

金具の部分が重いですが
気に入っている手帳です

ただひとつ
思うことがあるのは

リフィルが「ダッサイ」こと

ナラコムのシステムダイアリーは
紙にもこだわりがあるのか
とても書きやすいのですが

いかんせん
色とデザインが
ハラホロヒレです

いま使っている
自分のリフィルは

全て自作です

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

posted by ヤマオト at 19:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | DIY リフィル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする