映画の日

ゴールデンウィークの初日(正確には2日め)に腰を悪くしてなーんにもできませんでした
ようやくキーボードを叩いても大丈夫なようになりました

というわけで自分にできることは動画を見ることぐらいだったので何本かの映画やその他の動画を観ました

最初に観たのは「ウーマン・イン・ブラック亡霊の館」
ハリーポッター役のダニエル・ラドクリフが主演するゴシックホラー

「怖いの嫌いだけど観たい」ひと用です、点数を下げたのがラストシーンでした

「虎影」
斎藤工主演のニンジャ映画ハチャメチャですが「仮面の忍者赤影」好きなら随所に影響がみられます

楽しいっちゃ楽しいですがまあ真面目な人は観ないかな

「ミスト」
原作はスティーブン・キング 原作はきっとこんなんじゃないと思うんですが読んでないのでわかりません

霧に包まれた街に襲いかかる恐怖というかパニックムービーだな、でも「救いの無さ」というところで恐怖映画ってのも当てはまる
後味の悪い映画でした


「THE LANGOLIERS」
これも原作は「スティーブン・キング」の中編のドラマ化

怪物を見るまでが良かった(できれば最後まで正体を見せない演出だったら・・・)、ストーリーはSFっぽくて好きです

映画はこの4本その他にテレビドラマ(海外も日本も)いっぱい観ました
腰に負担は少なかったのですが目に負担がかかってしまいました



にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by ヤマオト at 16:00 | Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「学校の怪談」

久しぶりに学校の怪談を見ました
娘がこのシリーズにハマり「学校の怪談」から「学校の怪談4」まで何度観たかわかりません

部屋を明るくして毛布にくるまり(夏はタオルケット)目だけ出して観ていたのを思い出します

学校の怪談は正直に言うと「妖怪」や「おばけ」などは手作り感満載なので大人が見るには物足りない、というよりB級・C級の扱いになるかもしれませんが子どもたちが見るのにほどよい「恐ろしさ」にしてくれている気がします

だから娘も一人で毛布にくるまって見るにはちょうどよかったのかもしれません

学校の怪談.webp

とはいえ、今回この映画を観ていて思ったことは「ホラーの入門映画」って感じです
恐ろしいストーリーが展開する中にいろんなメッセージが入っているようで子供だけでなくお父さんやお母さんも一緒に観てほしい作品だと思ったのです

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

学校の怪談 [ 野村宏伸 ]
価格:2000円(税込、送料無料) (2019/4/7時点)



posted by ヤマオト at 15:21 | Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tom and Jerry

突然「トムとジェリー」を観たくなった

トムとジェリーは半世紀以上も前のアニメ作品ですが今見ても面白い

トムとジェリー04.jpg


この作品はセリフがないのに音楽とキャラクターの動きだけでお話がわかってしまうというすんごい作品です

この「ペコスおじさん」のエピソードなんて・・・

超早口でなんて歌ってるのかわからん(自分は映画がわからんので余計にわからん)のにストーリーはわかってしまうしゲラゲラ笑っちゃいますよね

「元気」もらいました

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by ヤマオト at 13:13 | Comment(0) | 動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする