方言マンガ家

岐阜県出身のマンガ家で「勝川克志」という人がいます
NHK朝ドラの「半分青い。」で岐阜弁が少し使われていましたが勝川先生の漫画は現代や未来のお話は標準語が使われていいますが、過去を舞台にしたものや日本を舞台にしたファンタジーなどに、よく岐阜弁が使われていました

少年幻燈館_1.jpg
このイラストを見ると人物は頭が大きく手足が太くて短いので、かなり窮屈なキャラクターですがなんというか不思議に漫画を読んでいくとキャラクターが自由に動いて見えます

そして割とシッカリと方言をつかっています

自分は岐阜出身なのでスルスルと読めますが時々「こんなに方言を出して読者はついてきてくれるのか?」と思っていました、
「案の定」あまり表舞台には大きく出ては来ませんでした

それでもこのアクの強いキャラクターのせいでしょうかアチラコチラで短編を多く発表していました
漫画は単行本よりハードカバーの豪華な本のほうが出ていたのでニッチではあるけれど人気はあったんでしょうね
自分も見つけるたびに購入していましたが、引っ越しのたびにタンスの肥やしか別次元にとんでいって、今はすぐに手に取れる本はありません・・・

たまたま見つけた経済本の挿絵を見つけて懐かしく思ったので読みたくなって探してみたのですが紙本は見つかりませんでした
ノスタルジックな作風なのに「電子書籍」しかみつからないのは皮肉なことです

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ







タグ:方言 懐かし
posted by ヤマオト at 14:33 | Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疲れるマンガ

「怪奇 版画男」「電脳なおさん」を買ってきた

著者は唐沢なおき先生です

自分の中で疲れる漫画家としてトップスリーにランクされています
ちなみに残りの2作家は
吾妻ひでお先生
とり・みき先生です

どの作家もギャグマンガなのに気が抜けないのです
1ページのなかに色々な仕掛けや遊び、パロヂィなどがはいっているのでそれを見つけようとするとかなりのエネルギーが必要となるからです

唐沢なおきさんは特に色々な手法が斬新で「常に実験的な作品」を描いていると言われています

今回購入したこの「怪奇 版画男」

ほとんどが木版画、吹き出しは消しはんで制作されているそうです

ご本人曰く「二度と描きたくない(掘りたくない)」

最近の作品はお三方友あまり拝見しておりませんが本屋で久しぶりに見つけ購入しました
あと一冊の「電脳なをさん」は雑誌連載していたときはページが少なく少々者対なさを感じていましたが、まとまって本になるとものすごい質量を感じて手が出せなかったものです


この2冊はたぶん普通の小説よりも読了が遅くなると思います
なんでこんな重い本を買ってしまったんだろう

・・・いま京極夏彦さんの「百器徒然袋」っていう面倒な本を読んでいます
更に面倒な本をこれから読むのです

どんだけMなんだ・・・ワシ

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by ヤマオト at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

異次元への扉

今日はかならず!と決めていた身辺整理をおこないました

不思議なことにゴミとしてでたのはダンボール(コーヒーの箱半0.9リットル一ダース分)、更に数十冊のブックオフ行きの本が同じダンボールで一箱、ゴミ箱にゴミが3杯、その他モロモロ

コレだけのスペースができたのでかなり広いスペースが確保できたはずなのですが・・・
全く逆です、なんでスタート時点よりスペースが狭くなってるの?

あのゴミや本はどこから、何処に隠れていたの?
自分の机周りの何処かに異次元の扉があるに違いない!
そうでないと、このゴミどもはどこからきたのか説明がつきません

ゴールデンウィークはウブンドゥ問題と机周りのスペースの確保できっと終わるのでしょう・・・


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by ヤマオト at 19:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする