本を借りる

図書館で本を借りてきました

何故借りたかわからない「ヒエログリフ文字手帳」
自作製本の本「はじめて手でつくる本」
ボールペンでかく絵の本「ボールペンイラスト帳」
実は手帳を楽しむ本「手帳で楽しむスケッチイラスト」

この4冊です

自分の中で本を購入と言うのは
「抑えられない衝動」
「一度読んで気に入って」というのが主なもので

一度読むためには「図書館」が一番良いということ
特にノウハウと言うか実用書的なものは「自分との相性」が重要だと思っていてそのためには一度すべて読むことになります
一度通しで読むためには立ち読みよりも図書館で借りて読むのが一番です

とは言え図書館にない本もありますがそれはブックオフやアマゾンを使って格安で購入します

もともとベストセラーや人気になった本は気になっても時流に乗ることには興味が無いので手に入るまで待つことは苦になりません

ありがたいことに「本」は内容が腐ることは殆どありません「ブーム」を扱った本でも時間が過ぎると、それはそれで懐かしく読めちゃうことも有りますからね

そんなこんなでネットや書店で興味ある本を調べて図書館で借りたあと良かったr購入するというなんとも気の長い購入方法をしています


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by ヤマオト at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ねがいをかなえるゾウ

パソコンの前に一冊の本がおいてあった

「ねがいをかなえるゾウ」

何年か前のベストセラーになった本ですね
自分で買った覚えはないので家族の誰かが買ったんでしょう

うちの奥さんでは断じてない
なぜならベストセラーの本はたまに買うのですがそれははやっているときに買ってくるし
購入後私に「読め」といってくれるからです
名前も忘れられそうな前の本を見せてくれるはずがないのです

そうなると息子ということになりますが???
息子がこういった「ビジネス本」「自己啓発本」を読むタイプの人ではないからです

しかしアニメになったり内容がストレートな「自己啓発」になっていないひとひねりしている本なのであり得るかも・・・

この本を60にタッチして折り返そうとしているジジイに読ませてどうしろというのか?
ゴメンせっかく読めとすすめてくれたんだから読んでみるよ

ありがとう


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ
posted by ヤマオト at 02:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒカルの碁

ヒカルの碁を読み終えた

夢のある少年漫画でした

子供が読むマンガっていうのは
「こうじゃなきゃ」と
思える少年漫画

主人公ヒカルと周りの人々
子供だけでなく
大人も含めて
成長する物語は
子供だけに任せておいては
もったいない

落ち込んでいたり
迷っている人
単純な人になればなるほど
元気と勇気を貰えるとおもいます

ただただエキサイトしていく
ジャンプ漫画の中で

地に足をつけたマンガでした

「おーい!熱いお茶を
 いっぱい持ってきておくれぇ」



にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ

にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

posted by ヤマオト at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする