オツムの冬支度

妻が帽子を編んでくれました
もともと編み物やパッチワークなどの手芸が好きで最近はこのキャップがブームのようです
妻の自分用のものを皮切りに家族や親しい友達に作っていましたが
何を思ったのかこのキャップを編んでくれたのです

キャップ.JPG

帽子はすきでしたのでありがたく頂戴し暖かくなるまでバンダナとはお別れです

自分は汗っかきで昔はキャップをかぶっていましたがキャンプに行くようになり(今はまったく行くことはないですが)バンダナを帽子の代わりにしていました(自画像のアイコンみたいに)その後、百均の日本手拭いが気に入って(サイズも長いので)そちらを使っていました
そんなわけで久しぶりにキャップ(帽子)をかぶるようになったのです

万年筆で自画像を描いたのですがよく見えないのでペイントソフトでなぞってみました
キャップ2.jpg


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ


にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ

posted by ヤマオト at 11:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | DIY ラクガキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーゲリより愛を込めて

映画を観てきました
本当はジュリーの「土を喰らう12ヶ月」が観たかったのですが近くで上映していなかったので今回は「奥さん主体」で「ラーゲリより愛を込めて」ということになりました
戦争ものは怖いし悲惨だし好きではないのです
ソ連(ロシア)舞台で収容所ものなら「極寒」が必ず出るでしょう?
寒いのも大嫌いです
「八甲田山」を観たときも真夏の上映だったにも関わらず「寒かった」のを覚えています
「ラーゲリより愛をこめて」は最初主人公がすごい人物過ぎて実際最初は感情移入できないと思ったものの物語にどんどん引き込まれてしまいました

ラーゲリ.jpg

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ


にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ






posted by ヤマオト at 17:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | DIY ラクガキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昔の話をしよう

大昔、自分がまだ子供だった頃、DVDどころかビデオもデジカメもなかったんじゃよ
それなのでテレビのキャラクターを描こうと思ったらその映像の放映時間に紙(主に広告の裏、今では考えられんのだが当時は片面しか印刷していないんものがほとんどじゃったのだよ)と鉛筆を準備してオープニングから動くキャラクターを一生懸命模写したのだ
これには集中力と見た映像を描きたい角度に変換する技術がいるんだよ
だから模写するのは動きが少ないものに限られてしまうのだった
今では動きが早すぎてもうそれはできないのでした
あーぁ昔が懐かしい・・・・・

思い出.JPG

で このときに主に描いたのが「幽霊城のドボチョン一家」
フランケンを懐かしさのあまり落書きしました
fran.jpg

静止画を見てコピーしたのにこれはヘタッピですね


にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ


にほんブログ村 経営ブログ 仕事術へ






posted by ヤマオト at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | DIY ラクガキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする